手相占い

手相占いとは、手のひらに刻まれたラインなどから、その人の運命などを読み取る占いのことです。

一般的に手相占いと言えば、手のひらの線だけで判断すると考えられがちですが、実際には指や手の形なども含め手全体を見て占います。

手相占いの主な判断項目

手相で着目するポイントには次のようなものがあります。

掌線

手相占いでは、個人の手のひらに現れる線をいくつかに分類して、それぞれに対して意味づけを行います。

丘とは掌の盛り上がっている部分で、手相学ではいくつかの部分をそれぞれ分類して、
その部分の肉付きによる盛り上がり方に意味づけをしています。

指は、形や長さで判断します。形は、角張った印象、丸まった印象、肉付きの厚い、薄い等に着目します。
長さは、手全体に対する長さの比率、各指の長さの比率に着目します。