算命学占い

算命学は、干支暦をもとに、年と月と日の干支を出して、人の運命を占う中国占星術、
中国陰陽五行を土台とした運命学の一流派で、伝統を継承しながら日本で学問として大成されました。

なお、中国で算命という言葉は占術全般を指す用語で、
生年月日の干支から人間の特性、運命を推し量ろうとする術を算命学等と呼ぶのは日本独特の用語です。

算命学の暦

算命学では各年・月・日(・時)に干支が割り振られている暦を用います。
甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 を 十干、子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥 を 十二支、十干の干と十二支の支で「干支」となります。

十干

十干 読み 五行
きのえ
きのと
ひのえ
ひのと
つちのえ
つちのと
かのえ
かのと
みずのえ
みずのと

十二支

十二支 読み方
うし
とら
たつ
うま
ひつじ
さる
とり
いぬ