六星占術

六星占術(ろくせいせんじゅつ)とは、中国古来の易学や算命学等を基に提唱したとされる占い方法です。

六星占術では、その人の生まれ持った運命を土星、金星、火星、天王星、木星、水星の6つの運命星に分けて占い、
それぞれの運命星を持った人を土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人と呼びます。
また、ある条件がそろったときに限り、霊合星人(れいごうせいじん)となります。

運命星

運命星は、星数と名付けた生年月日の日の干支を数値(1-60)で表したものを、6つの星に割り当てています。
生まれた日の干支と運命星は以下の通りとなっています。

土星人(1-10:戌亥が空亡)

生まれた日の干支が、甲子・乙丑・丙寅・丁卯・戊辰・己巳・庚午・辛未・壬申・癸酉の人。

金星人(11-20:申酉が空亡)

生まれた日の干支が、甲戌・乙亥・丙子・丁丑・戊寅・己卯・庚辰・辛巳・壬午・癸未の人。

火星人(21-30:午未が空亡)

生まれた日の干支が、甲申・乙酉・丙戌・丁亥・戊子・己丑・庚寅・辛卯・壬辰・癸巳の人。

天王星人(31-40:辰巳が空亡)

生まれた日の干支が、甲午・乙未・丙申・丁酉・戊戌・己亥・庚子・辛丑・壬寅・癸卯の人。

木星人(41-50:寅卯が空亡)

生まれた日の干支が、甲辰・乙巳・丙午・丁未・戊申・己酉・庚戌・辛亥・壬子・癸丑の人。

水星人(51-60:子丑が空亡)

生まれた日の干支が、甲寅・乙卯・丙辰・丁巳・戊午・己未・庚申・辛酉・壬戌・癸亥の人。