易占い

易占いとは、中国4000年の歴史を持ち『易経』(符号を用いて状態の変遷、変化の予測を体系化した古典)に基づき、
筮竹(細い竹)とを用いた占いです。

また、筮竹を用いる他、コインやサイコロによる占い方もあります。

易占いの占い方

易の基本は、剛爻(陽爻)と柔爻(陰爻)の2種類から成り立ち、剛爻は男性、剛健、積極などを表し、柔爻は女性、消極などを表します。

その2種類を3本組み合わせると、2の3乗で8種類の組み合わせができ、これを八卦(はっけ)といい、
原始的な占いでは、この八卦によって吉凶を占ったものとされています。

しかし、八卦だけでは単純すぎて複雑な事象を占うことが困難であることから、八卦を重ねることで六爻の卦を作られ、8の2乗の64通りの異なった組み合わせができます。
また、各々の卦について、将来の変化を示す変化形(変爻)が6種類有るので、合計384通りの結果ができ、これが現在の易卦となっています。