血液型占い

A型・B型・O型・AB型の4種類の血液型を使って、個人の性格や気質、相性を判断する占いです。

人間の血液型は20世紀初頭に発見され、大まかな分類として、A型は繊細、
B型は陽気、O型は大らか、AB型はクールとされています。

日本人の血液型の割合は、A型40%、B型30%、O型20%、AB型10%です。

なお、日本では最も親しまれている身近な占いですが、それ以外の地域では、一部のアジア諸国で用いられているのみで、
西洋などでは普及していません。

A型の傾向

日本人で最も多い血液型で、几帳面、慎重派、神経質、などと言われることが多いようです。
気配り上手で礼儀正しく社交的である一方、神経質で繊細な面もあります。

また、日本人らしさにも繋がる奥ゆかしさや強い信念・意志を持っている性格と言えるでしょう。

B型の傾向

B型は自分を型にはめることが苦手で、厳格なマナーをとてもめんどくさく感じてしまいます。

自分の感情に素直に行動し、興味がある対象には、一直線に進み、失敗をしたとしても、それほど引きずることもなく、すぐに気持ちを切り替えることができます。

また、コミュニケーションが上手で、誰とでも仲良く話すことができます。

O型の傾向

O型は、表裏がなくて親しみやすく、みんなから愛され友人関係も広く、とても社交的で仲間を大切にする傾向が見られます。
大らかである反面、細かいところを気にしないことから大雑把と捉えられてしまうこともあります。

AB型の傾向

AB型は、二面性を持った血液型だと言われます。
また、ユニークで変わり者と思われることもあるようです。